販促ラボ メイン画像

- 登場人物 -

hano_L

 

販野 進 (38)
はんの すすむ

 

チラシやポスターなどの宣伝・販促物の活用方法に詳しい、マーケター。

WEBマーケティングが全盛の中、紙媒体のパワーと魅力に再注目している。

aratani_L

 

新谷 初子 (32)
あらたに はつこ

 

大手美容室で経験を積み、ついに自身のヘアサロンを開業した。

現在人づてに顧客を獲得できているが、販促・宣伝については全くの無知。チラシを作ろうと思い立つが...

Cahpter 1

チラシの効果はネットを超える! 意外に効果的なチラシの重要性

販野さん、助けてください!

私のヘアサロンがオープンしたんですが、なかなか新しいお客さんが増えなくって……このままだと、私のお店潰れてしまいます(泣)

 

えっ!? 大丈夫ですか? 新しいお客さんが増えないって、どういうことでしょう?

 

実は、自分で作ったチラシを配っていたんですが、あまり効果がないみたいです。

ちなみに、こんなチラシを配ってます。

 

あー……確かに可愛らしいチラシですが、これでは広告効果が、残念ながら全くないですね……。

それどころか、お店のイメージを悪くさせてしまっているかも知れません!

 

エェッ! チラシってただ配ればいいだけじゃないんですか!?

クオリティの低いチラシは、そもそも誰にも見られない!

hano_L

チラシは、テレビCMや雑誌の広告、フリーペーパーの店舗宣伝とは異なり、お店側がある程度自由に行える宣伝活動です。それゆえ、新谷さんのように「自分で作っちゃえ!」と言う方も多いのですが、ほとんどの場合、個人レベルで作ったチラシは見向きもされません。

 

そもそもチラシとは<半径数キロ圏内の見込み客に向けた小規模な広告>であり、誰でも簡単につくれるけれど、広告物の1つであるため素人が作った安っぽいチラシ(特に手書き)は効果が期待できません。

「えっ、そんなことないよ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、改めて自分の自宅の郵便受けに、毎日のように届くチラシを思い出してみてください。

 

どのチラシも、そのまま雑誌に掲載できそうなクオリティのモノばかりですよね?

 

それでは、クオリティの高いチラシとアナタが作った手作りのチラシを見比べてみましょう。きっと、その差は歴然のハズ。

 

このように配る側や作る側は「たかがチラシ」と思いがちですが、見る側――見込み客側は、配られるチラシの割引率や情報以前に、"出来栄え"を見ています。

本当に集客効果があるチラシを作りたいのなら、まずは紙質も含めて、どこに出しても恥ずかしくないデザインのチラシを作るべきなのです!

残念ながら新谷さんが作った、手作りのチラシは、そのクオリティゆえに誰にも気にされていないかも知れません。どんなに良いサービスや商品であっても、誰かに知られなければ、残念ながら意味はありません。

それにクオリティの低いチラシは「ダサい」「やる気がない」と思われてしまい、チラシを配っている企業や団体に対するイメージまで悪くさせてしまいます。

 

うぅ……たしかにパソコンで、ちょちょいと作っただけですから、販野さんの会社が作られるチラシと比べたら雲泥の差ですよね……。

でも、チラシってそこまで集客効果がないから、お金のことを考えるとデザイン会社に頼むのって腰が引けてしまうんです。

 


確かに自分で作ると安上がりで済みますが、効果がないチラシを自分で作ったり、配ったりする労力を考えると、外部に依頼することも考えるべきですよ。

業種によって異なりますが、新谷さんのヘアサロンなら、1000枚も配れば、3人ぐらいはチラシを持ってお店に来てくれると思いますよ?

 

うーん、ソレって高いのかなぁ……?

チラシの反応率は高い? 低い? 蓄積されていくチラシの効果

hano_L

チラシの反応率は、取り扱う媒体やその内容によって異なりますが、1~0.3%程度の反応率だと思ってください。

「100枚配って1人、1000枚配って、3人しか来ないって少ない!」と思われがちですが、実際に数字で試算してみると予想以上に多いことが伺えます。

仮にデザイン費用も含めて、総額5万円で2000枚のチラシを配ったとしましょう。単純計算で、2000枚のチラシを配れば6人程度は、新谷さんのヘアサロンに来てくれる計算になります。

 

チラシ配布量 2000枚 ✕ 反応率 0.3% = 新規顧客数 6人

 

新谷さんのお店はヘアサロンですから、カットだけでも5千円、パーマやカラー、トリートメントを含めると、2~3万円はかかってしまいます。今回は仮に、全てのお客さんがカットとパーマをして、1万円を支払ったと過程すると……

 

来店客数 6人 ✕ 1万円 - チラシ費用 5万円= 1万円 の黒字!

 

そうなんです、意外に思われるかも知れませんが、お客さんがきちんと見てくれるチラシを作ることで、その分、収益と集客効果を上げることが可能なんです!

あくまで試算ですが、お客さんが振り向くチラシを作れば、チラシによって利益を出すことだって可能なんです!

 

プロが作るチラシならお客さんをちゃんと呼べるんですね!

 

それにチラシの効果は蓄積されていくものでもあります。

たとえばこのエリアのヘアサロンは、100店舗以上ありますが、1人の人が一生の中で行けるヘアサロンは限られています。

「美容室変えてみようかな?」とお客さんが思った時に、前に配ったチラシを覚えていたら、新谷さんのお店に来てくれる可能性が高いですよね?

 

あっ、たしかにそういうのってありますよね。

 

もちろん、中にはチラシを配った直後に利益が出ないこともあります。

しかし、作ったチラシによって、新しいお客さんが新谷さんのお店を知るチャンスになることも考えると、チラシの費用対効果は決してバカにはできません。

 

でも、最近じゃアプリでチラシも見られますよね?

 

新谷さんのお店には、チラシの方が効果的だと思いますよ?

アプリやネットのクーポンは、コストとしては割安ですが、その効果はチラシとネットでは大きく異なります!

 

「まず誰かに知られる」という見えないハードル

hano_L

もちろん、物販やネット専門のサービスは別ですが、実際に来店する必要がある飲食店やヘアサロンは「まず、誰かに知られる」ことからはじめなけれななりません。「誰かに知られるために、ネットを使う」という発想は、決して間違いではありませんが、開店したばかりの"はじめの一歩"としては間違いです。

 

むしろ、チラシを使って「新しいお店が出来ましたよ~!」と宣伝した方が、開店したばかりのお店は集客しやすいことの方が多いのです。なぜなら、クオリティの高いチラシは見込み客が"見る"だけで、伝えたい情報を伝えることが出来るから、お店の認知度を手っ取り早く上げることが出来るのです。

 

スマホやパソコンを使って"検索"するのと、もらったチラシを"見る"のとでは、どちらがアナタのお店の情報をすばやく、簡単に伝えることが出来るでしょう?

チラシの方がお客さんがお店を検索して、他のお店と比較する手間がない分、お客さんにダイレクトに「新しいヘアサロンが出来たんだ、行ってみようかな!」と思わせることができると思いませんか?

チラシって古臭いって、勝手に思っていたんですが、違うんですね!

 

確かにチラシという宣伝媒体は、古いです。

一説によると折込チラシの原型は、1683年にまで遡るとも言われています。

 

えっ、折込チラシって300年近い歴史があるんですね!

 


そうなんです、そんな古くから使われている手法が長く続けられているということは、それだけ効果があるからだと思いませんか?

少なくともチラシは、コチラの伝えたい情報をお客さんに効果的にPR出来る数少ない広告ツールだと私は思っています。

 

なるほど、ネットやSNSだと伝えたくない情報まで伝わってしまうことがありますしね……。

 

一見古臭いように思えるチラシは、ネット時代の今だからこそ役に立つこともあるんです!

だから新谷さん、とりあえずお客さんが振り向くチラシ作りから一緒に頑張りましょう!

 

はい、よろしくお願いします!