Cahpter2

パンフレットの効果とは?リーフレット・チラシとは異なるパンフレットの力

おめでとうございます、新谷さん! 今度、新谷さんプロデュースのシャンプーが販売されることになったそうですね。

 

ありがとうございます。私の下積み時代からの知り合いの会社に頼まれて協力していたんですが、まさか自分でシャンプーのプロデュースまで出来ると思っていなかったので、びっくりです♪ノンシリコンのオーガニックシャンプーなんですよ。

 

それはそうと、このシャンプーの販売戦略は、考えられていますか?

 

実はそれで悩んでいまして……。ブランド感を出したいので、私がプロデュースしたシャンプーは、一部ヘアサロンの店頭でしか買えないようになっています。

もちろん、私のお店でも店頭以外では、ノンシリコンオーガニックシャンプーを購入することは出来ません。

 

それじゃあ、大々的な宣伝はせずに、口コミで商品を売る……という感じでしょうか?

 

そうですね、ただそもそもの知名度がないので、どうにかしてお客さんに知ってもらわないと……。

何か良い宣伝方法ってありますか?
やっぱりネットが1番ですかね? それともチラシとか?

 

確かにネットやチラシも1つの宣伝方法ではありますが、ココはあえてパンフレットを使って、シャンプーを宣伝しましょう!

そもそもパンフレットという媒体は、どのような宣伝力を持っているのか?

hano_L

紙媒体は、どれも同じ――そんな風にお考えの方も多いですが、各媒体ごとに宣伝力が異なり、販売したいモノに合わせて、利用する媒体も選ばなければなりません。

特に混同されやすいのが パンフレット・リーフレット・チラシ の3つの媒体です。

 

1.パンフレットの特徴

まずパンフレットは雑誌の1ページのように、レイアウトが自由に出来ることもあって、視覚的に伝えたい情報を伝えることに長けています。

1枚のパンフレットにせよ、見開きタイプのパンフレットにせよ、標準的なA4サイズなら、伝えたい情報を写真やイラスト、文字、デザインによってコントロールすることが出来るため、本当にその商品やサービスを必要としている人に、強くアピールすることが出来ます。

またパンフレットは、チラシやリーフレットよりも、オフィシャル感が醸し出されるため、高く売りたい商品や会社案内の宣伝には、打ってつけなのです!

○パンフレットの特徴


  • A4サイズ~ 見開きあり、ナシを選べる
  • 紙面が大きくため、レイアウトがかなり自由
  • チラシやリーフレットよりも、オフィシャル感がある
  • 伝えたい情報を写真やイラスト、文字、デザインによってコントロールできる

 

 2.リーフレットの特徴

パンフレットよりも、小さく、縦長サイズのモノがリーフレットです。

パンフレットと異なり、全体的なレイアウトを縦長にしなければならないため、デザインの自由度や盛り込める情報は、パンフレットよりも少なくなってしまいます。

パンフレットに比べると、制作費は比較的安めですし、こちらも写真やイラスト、デザインを使って伝えたい情報をコントロールすることが出来ますが、パンフレットに比べると、その効果は劣ってしまいます。

ただ、パンフレットと異なり片手で持ちやすいので、地図や施設案内には、パンフレットよりもリーフレットの方が向いています。

○リーフレットの特徴


  • 縦長サイズ(A4三つ折り~) 見開きアリ
  • パンフレットよりも、小さく、制作費も安い
  • 片手で持ちやすいので、地図や施設案内などに向いている

 

3.チラシの特徴

チラシはA4サイズ程度で制作され、表のみ、或いは裏表ありの1枚刷りです。

パンフレットやリーフレットよりも、オフィシャル感が低く、誰でも手に取りやすい場所に置いてある、配布してあるのが一般的なので、媒体としては安っぽい印象を与えてしまいます。

A4サイズ程度とは言え、1枚のチラシの中に盛り込める情報量は少なく、宣伝出来る内容にも限りがあり、チラシを見た人の購買力をコントロールする力も弱いため、大勢の人に配るのが前提として作られます。

○チラシの特徴


  • A4サイズ程度 表のみ、或いは裏表ありの1枚刷り
  • 1枚のチラシの中に盛り込める情報量が少ない
  • 媒体としては安っぽい印象を与えやすい
  • 大勢の人に配るのが前提

伝えたい情報に合わせて媒体を選ぶ! 手に取った人の行動を考える

どの媒体も、新谷さんがプロデュースしたシャンプーの宣伝に使うことが出来ますが、《新谷さんがプロデュースした商品を欲しい人に売る》ということを考えると、パンフレットの方が高い広告効果が見込めます。

 

私がプロデュースした商品を欲しい人に売る……ってどういうことですか?

 

そうですね、改めてプロデュースしたシャンプーは、どういう人向きの商品なのか考えてみましょう。

 

えっとー、私がプロデュースしたノンシリコンオーガニックシャンプーを使って欲しい人は……

 

  • 美容意識が高い人
  • ノンシリコンのシャンプーを使いたい人
  • 身体に良いオーガニックに興味がある人
  • 石油系のシャンプーについて、苦手意識を持っている人
  • 多少高かったとしても、身体に良いシャンプーを使いたい人

 

こんな方々に使ってもらい、髪の毛から健康になって欲しいと思っています!

 

それじゃあ、それらのことを踏まえて、下記の表と照らし合わせてみてください!

パンフレット リーフレット チラシ
高級感 ?
オフィシャル感
伝えられる情報量 ?
情報の認知度

 

あっ、表で見ると一発ですね! 確かにこれから販売しようと思っているシャンプーを売りたいターゲット層を考えるとパンフレット以外考えられませんね!

 


そうなんです、今回のオリジナルシャンプーのように高級感があり、商品自体にメッセージ性があるもの、そして比較的金額が高く、ターゲット層に対して、伝えたい情報が多い商品やサービスを売りたい場合は、チラシやリーフレットよりも、パンフレットの方が効果的なんですよ~!